Cisco IOS XE で OSPF neighbor から受信する経路をフィルタする

Pocket

OSPF でバックボーンを構成している時に、NAT ルータなどから Private IPv4 アドレスが聞こえてくることがあります。
そういった不要な Private IPv4 の prefix をフィルタしたので、その内容をメモに残しておきます。

なお、使用したバージョンは Cisco IOS XE Software [Gibraltar], Version 16.12.04 となります。

今回はバックボーンエリア (area 0.0.0.0) の経路をフィルタ対象としているため、よく area 間の経路をフィルタするために ABR で使われる area filter-list ではなく distribute-list in でフィルタをします。

Private IP address (RFC1918)ISP Shared Address (RFC6890) をフィルタする config はこの様になりました。

これにより経路情報がフィルタリングされるため、ルーティングテーブルへ乗ることが無くなります。
しかし、LSA そのものが消えているわけではなく、フィルタしている経路情報も含めて LSDB は構成されている点には注意してください。
また、OSPF distribute-list の実装変更について – Cisco Community にも書かれているとおり、IOS には OSPF local RIB が実装されていないバージョンもあり、実装版と未実装版において distribute-list における経路評価・計算結果が異なり、routing loop が発生する可能性もありますので、実際に利用される場合には十分注意し、動作検証を実施の上で本番環境へ適用をしてください。

Filed under: techTagged with: , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website