unbound でログの書き出しに失敗する

Pocket

自宅の DNS を NSD & Unbound (Raspbian stretch) から Unbound (Ubuntu Focal Fossa) のみに変更しました。
トラブル対処のために、一時的にクエリログ出力をしたいときがあるのですが、そのときに syslog を汚されるのは困ります。
そのため、ログを別ファイルとして書き出したいのですが、書き出しに失敗しましたので、その対処内容をメモに残しておきます。

そのときのログはこちら。

パーミッションに問題があるかのように出ていますが、既にファイルは作成し、パーミッションは適切に unbound に渡しています。
では、何が問題なのか。答えは AppArmor によるものでした。

そのため、unbound に関するポリシーを記載し、それを AppArmor に読ませた後、unbound を再起動する必要があります。

これで unbound のログを書き出すことができるようになります。

Filed under: techTagged with: , , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website