/boot 領域のディスク容量不足解消

Pocket

コンソール作業をほとんど必要としないサーバ (Ubuntu Server 14.04.3 LTS) へ久しぶりにログインしたところ、motd に => /boot is using 94.2% of 463MB なるメッセージが表示されていた。

詳細を見るために、df コマンドを実行した結果を下に。

カーネルイメージのアップグレードを実施すると、使用していない(かつて使用されていた)古いのカーネルイメージのファイルが残り、最終的に /boot の空き容量が不足するという事態になるようです。というか、なっています。
すると、当然、空き領域が無いため、カーネルイメージのアップグレードそのものができなくなってしまいます。
それじゃあ色々と困るため、使用されていない旧バージョンのカーネル イメージを削除することに。

やることは単純で、今動いているカーネルのバージョンを確認し、それより古いモノを削除する。
ただそれだけ。

カーネルイメージ(旧バージョン)の削除

まずは、現在、OS 上にインストールされているカーネルイメージ(たち)を確認する。

結構多かった… (´・ω・`)
次に、現在使用しているカーネルのリリース番号を確認する。

ということで、linux-image-generic と、linux-image-3.13.0-76-generic を除いた古いカーネルイメージを削除する。
なお、linux-image-3.13.0-**-generic を削除すると、セットで linux-image-extra-3.13.0-**-generic (追加ドライバ パッケージ)も削除される。。。

ちなみに、どれか一個選択して、削除コマンドを実行すると、下記のようによしなに取り計らってくれるのでご安心を。
(ぜんぶチマチマ削除する必要は無いです。)

しばらく待つと、削除され、/boot 領域に空き容量ができます。

ということで、めでたしめでたし。

Filed under: techTagged with: ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website