VMware ESXi の USB インストールと Host Client のインストール


Intel Xeon E3 搭載のサーバを落札できたので、これに VMware ESXi (vSphere Hypervisor) をインストールしました。
また、メインの環境が Mac OS X なので、C# 版クライアントが用意されていないため、VMware Host Client をインストールするところまで設定しました。


主なトピックスはこの辺り。

  • USB メモリからのインストール
  • VMware Host Client のインストール

USB メモリからのインストール

ESXi のインストールに先立ってですが、今時、CD-R のブランクメディアを要求されるのはナンセンスです。
(少なからず、私はそう思います。)
ただ、たった1台へのインストールのために、PXE boot 環境を作るのもアレなので、USB メモリへ iso イメージをコピーし、インストールするという手段をとりました。
なお、USB メモリへの、iso イメージの展開には、やはり、Linux を使ってイメージコピーするのが主流のようですが、今回は、Windows でサクッとやりたかったので、やり方をメモしておきます。
なお、今回は、vSphere 5.5 U2 をインストールしています。

まず、必要になるのは、下記3点。

  • USB メモリ
  • ESXi Installer iso image
  • Refus
  • 一番重要なのが、Refus というソフトウェアです。
    使い方は、リンクを見てダウンロードして頂ければわかると思うので、割愛します。
    上記ソフトで作った Install USB Media をさして、boot すれば、インストーラが立ち上がるはず。
    もしだめなら、boot: みたいなプロンプトが出ているはずなので、以下のコマンドを入力してください。

    また、ESXi のインストール自体もそう難しいものではないと思うので、割愛します。

    VMware Host Client のインストール

    今回の目玉は、なんといっても “VMware Host Client” でしょう。
    Web Client はやはり、5.5ではまだまだ、重く使い物になりません。
    ですが、Mac OS X や Linux などを常用環境にしている人にとっては、C# 版という選択はあまりとりたくありません。

    そんな中、颯爽と登場してくれた Host Client
    今回は、これもインストールしちゃいます。

    基本的には、上のリンクを見れば必要な情報はすべてありますw
    まず、ESXi ホストの SSH デーモンと、ESX Shell を有効にしておきます。
    5.5 / 6.0 に必要な zip ファイルを上記サイトからダウンロードし、展開した中にある *.vib ファイルを ESXi へ SCP します。

    私の場合は、5.5なので、VMware_bootbank_esx-ui_0.0.2-0.1.3172496.vib でした。
    (別に SCP でなくとも、iSCSI とか共用 NFS ストレージをマウントしていれば、そこに放り込むのも手です。)

    次に、ESXi ホストへ SSH でログインし、インストールを実行していきます。

    これで、インストールは完了します。
    http://esxi_ip_addr/ui/ を開くと、本来なら、Host Client がお目見えするはずですが、既知のバグにより、
    503 service unavailable
    と出ることがわかっています。

    その回避策であるワークアラウンドを実行していきます。
    やることは単純で、/etc/vmware/rhttpproxy/endpoints.conf/ui で始まる1行(この場合だと、5行目)を削除し、rhttpproxy を再起動すれば終了です。

    これで、やっとログインできます。
    VMware Host Client

    まだまだ、Technical Preview License のためか、バグは目につきますが、それでも、快適に動いてくれています。

    daisuke

    daisuke wrote 28 posts

    Post navigation


    コメントを残す

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes:

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">