標準出力の内容をコピーする

Pocket

仕事ではWindows + RLogin or Tera Termを使っていますが、プライベートでは、専らMac OS Xを利用しています。
ここで、Windowsだと楽なのが、テキストファイルのコピーです。上記ターミナルエミュレータソフトならマクロを組んだり、標準機能を利用して対処できます。

MacやLinuxのターミナルでも、数行〜十数行程度なら、ドラッグして範囲選択の上、コピーで対応できます。
しかし、膨大な量のログ取りやバグ発見の際には、こんな方法ではとてもじゃないですが、対応できません。

そこで、よさげなコマンドを発見したので、メモをしておきます。

Mac OS X

Mac OS Xには、pbcopy, pbpasteというコマンドがそれぞれ用意されています。
man先生によると、以下のお仕事をしてくれるコマンドのようです。
pbcopy, pbpaste - provide copying and pasting to the pasteboard (the Clipboard) from command line

ターミナル上でコピーしたいときはpbcopy、ペーストしたいときはpbpasteを使うといいようです。

こんな感じで、ターミナル上での標準出力をクリップボードにコピーできます。

Ubuntu (Linux)

Ubuntuの場合は、Mac OS Xにおけるpbcopyに相当するコマンドとして、xselがあるようです。
因みに、man先生によると、 “manipulate the X selection” がxselの正式なお名前だそうです。
その名前の通り、X Windowが必要なので、SSHの場合は、X転送を許可して、X転送を使えるようにしておいてください。

xselの場合は、pbcopyと異なり、引数がいるので、こんな感じで、ターミナル上での標準出力をクリップボードにコピーします。

因みにここで、zsh: command not found: xselこんな感じの辛いことを言われたら、xselがインストールされていないので、素直に、apt-get install xselしましょう。

なお、引数がめんどくさい人には、こんな感じで.zshrcや.bashrcにaliasを作っちゃえば良いと思います。

Filed under: techTagged with: , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website